いいねやフォロワーを増やしたい方必見!おすすめのインスタグラム自動ツールを比較して紹介しています。

【カフェ・飲食店編】インスタグラムを使った集客術~マーケティング~

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/29


カフェや飲食店で集客する場合には、看板を掲げることや定期的にチラシなどを配布することは大事です。ところが最近はインターネットが主流になっており集客もインターネットを使っているところが多いです。インターネットの中でも注目される集客方法の一つが、インスタグラムになります。

インスタ自動ツールを上手に使う

カフェや飲食店の宣伝をする場合、まずインスタグラムに登録することからスタートします。基本的に、文字よりも画像を貼り付けることが中心になるため、画像でお客さんにお店の良さを訴えることができます。目に見えないサービスを主体とする仕事ではなく、目に見える食品を主体とする仕事になりますので、画像を使ったアピールは非常に効果です。

この時、たくさんの人に見てもらうためには「いいね」を不特定多数のインスタグラムにつけることが必要です。なぜこれをつけるかといえば、お店の存在に気づいてもらえるからです。ただ、一人一人のインスタグラムを見て「いいね」をつけるのは非常に骨の折れる作業になります。そこでインスタ自動ツールを利用することで自動的に「いいね」をつけることができるようになるでしょう。

インスタ自動ツールを使えば時間の節約が実現します。このようにインスタ自動ツールは忙しいお店の店主にとっては強い味方になり得ます。

しかしながら、単にインスタグラム上で人とつながっただけでは必ずしも集客に成功するとは言えません。なぜかといえば、二つの重要なことが欠けているからです。

一つは、見込み客を絞り込むことです。もう一つはコンテンツの充実になります。この二つを改善していけば、ほとんどお金をかけずにお客さんを獲得することが可能になるでしょう。結果的に余計なお金を使わずにカフェや飲食店の繁盛につながります。

見込み客を絞り込むにはどのようにするべきか

インスタ自動ツールを使うにしても、大前提として見込み客を絞り込むことが大事です。言い換えるならば、むやみに多くの人に「いいね」をつけてはいけないことを意味しています。なぜかといえば、インスタ自動ツールで「いいね」をつけることが出来る回数が決まっているからです。無制限でないため、絞り込みをしなければ無駄玉を使ってしまうことになりかねません。

では、どのように絞り込み行うかといえば、その店の顧客になり得るようなハッシュタグを使っている人だけ選ぶことです。例えば女性の中にはカフェ巡りが好きな人もいます。この場合「カフェ」がハッシュタグになっている人に絞り込めば見込み客になる可能性が高くなるでしょう。

またそれ以外でも、カフェに関する単語をハッシュタグに入れている人ならば見込み客になる可能性もあります。例えば「コーヒー」や「タピオカ」などがこれに該当します。このようにハッシュタグにより絞り込みを行うことで、無駄に「いいね」をつけなくて済み、より濃いお客さんを集めことができる可能性が高いです。

ただ、お店に関連するハッシュタグをつけたからといってもその人たちがすぐに来店する訳ではありません。多くの場合、すぐに来店するお客さんではなく、いずれ来店するかもしれないお客さんになります。そうだとすれば、継続的に情報を発信し続けることが大事です。そして情報を流すときに気を付けたいのはコンテンツが充実しているかになります。

コンテンツの充実を図るために必要なこと

インスタグラムの自動ツールを使って見込み客を集めたとしても、コンテンツの中身がいい加減だとお店に来てくれないでしょう。例えば使われている画像があまりきれいではない場合などです。素人がスマートフォンなどで写真撮影をしたものをインスタグラムに載せることは多いです。

この場合、撮り方がうまい人と下手な人に分かれます。もし写真撮影をした人が下手ならば、ぶれているかどことなく暗い画像ができあがる可能性があります。基本的に見づらいものは論外で、仮にある程度見やすかったとしても、全体的に暗い画像は削除するべきです。そのような画像が一つでもあると、お店の印象が悪いものになってしまうからです。

後は余計なものが映っている場合も可能な限り削除しておくか、そもそも掲載しない方がよいです。例えば、お店の裏側の部分が映っており、そこが散らかっていたとすれば、いくらお店の看板や店内がきれいだとしても「いい加減なお店に違いない」と判断されることも少なくないでしょう。

そうだとすれば、画像を1枚1枚丁寧に見て本当にお店の宣伝につながっているかどうかを判断するべきです。また、定期的に更新することも大事です。1週間に一度程度の更新頻度ならばよいですが1か月以上更新していないインスタグラムは、やる気が感じられないと思われてしまいます。また、情報の発信源としても不十分と言えます。

 

カフェや飲食店の宣伝のためにインスタ自動ツールを利用する場合でも、見込み客を絞り込まなければいけません。そのためには、ハッシュタグを上手に使うことです。また、コンテンツの充実にも力を入れた方がお客さんは集まりやすくなります。

イメージ
サービス名wataAme
(わたあめ)
GOEN
(ゴエン)
OMAKASE
(オマカセ)
insta-style
(インスタイル)
Insta-UP
(インスタップ)
自動アクション機能
フォロー
×
×
フォロー解除
×
×
×
いいね
×
×
コメント
×
×
×
ハッシュタグ付与
×
ストーリー閲覧
×
×
×

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧