いいねやフォロワーを増やしたい方必見!おすすめのインスタグラム自動ツールを比較して紹介しています。

【インテリア編】インスタグラムを使った集客術~マーケティング~

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/17


インテリアに関する商品を販売するお店を経営している場合には、どのようにしてお客さんを集めるかが大きな課題になります。昔ながらの看板やチラシ等で集める方法も考えられますが、看板の場合には設置費用が高く、またはチラシの場合も継続的に撒き続ければ金銭的な負担が大きくなります。この場合、インスタを利用して集客してみるのも良いです。

画像やハッシュタグが重要になる理由とは

インテリアに関する商品を販売する場合には、インターネット上でいかに美しくそして魅力的なインテリアなのかを表示しなければいけません。この場合には、画像が非常に重要になってくるわけです。

画像が充実していれば、より魅力的なお店に感じるでしょう。しかし、まともな画像がなければ、その分だけお店の評価が落ちることも考えられます。

特に、インスタの場合には文字で説明するよりも画像1枚を貼り付けることで相手を説得してしまうことが可能になります。画像に関しては、更新のたびに新しいものを利用しても良いです。

例えば、「今日のおすすめ商品」と打ち込んで、その日に売り出したい商品を画像にしていきます。この時、1枚だけだと伝わりにくい場合には、何枚か写真を撮影してそれをインスタに載せると良いです。

可能な限り、平均的に写りの良いものを使うべきでしょう。特別に美しい画像を使う必要はありませんが、平均的によければ問題ありません。ただし、お店の評価を落としてしまうような画像は可能な限り掲載しないことです。

もう一つは、ハッシュタグをつけることでお客さんを集めることが可能になります。ハッシュタグを「テーブル」と言う単語にする場合には、「テーブル」と検索した人のもとに自分のお店の画像が現れる可能性が高いです。 それに加えて、可能な限り「いいね」を押すようにすると、見込み客を集めやすくなるでしょう。

「いいね」をたくさん押した方が良い理由とは

インスタでは、「いいね」を押すことができます。これを押すことで、押した相手とつながりを持つことが可能になるわけです。相手方も自分に対して、「いいね」をしてくれる可能性もあるでしょう。

このように、つながりを広げることができれば多くの見込み客を獲得することが可能です。ですが、1回「いいね」をつけるだけでもそれなりの時間がかかってしまいます。なぜなら、目視で相手を探さなければならないからです。

仮に、「いいね」を30人ぐらいにつけたとしても、その中でお客さんになる可能性がある人は1人いるかいないかでしょう。それだけたくさん相手のサイトに訪問したとすれば、それに使う時間も膨大な量になってしまいます。

そこで、この場合にはインスタ自動ツールを利用すると良いです。インスタ自動ツールとは、自動的に「いいね」を押してくれるものです。それ以外には、フォロワーを自動的に増やすことが可能です。フォロワーも、他の人とつながりを持つ時には重要なツールの1つと言えるでしょう。これらを自動的に行うことができれば、見込み客を大幅に増やすことが可能になります。

ただ、闇雲に「いいね」を押してもそれが見込み客でない可能性が高い場合には徒労になってしまいます。しかも、インスタ自動ツールといえども無限に「いいね」を押すことができるわけではありません。おおむね600から700回しか押すことができないわけです。これに対する対策は、インスタ自動ツールにハッシュタグをつけることです。

インスタ自動ツールにおけるハッシュタグの使い方

インスタ自動ツールを無駄なくより効率的に使うためには、自動ツールを使うときにハッシュタグを利用すると良いです。どのように使うかと言えば、あらかじめインスタ自動ツールにインテリアと関連性の高いハッシュタグを入れておきます。

例えば、「万能型机」という名前で入れておけば、その名前をハッシュタグとしている人にだけ「いいね」がつくようになるわけです。そうすることで、無駄なく相手とつながりあうことが可能になります。

ですが、1つの単語だけをハッシュタグとして入れておいても、たまたまその単語を利用している人が少なければ、あまりつながりあうことができません。このような場合には、とにかく思いつくインテリアに関する単語を入れておきましょう。

ただし、むやみにハッシュタグを入れるべきではありません。そもそも、いくらインテリアに関わりがある単語とは言え、お店に売っていない商品の単語を入れても売り上げにはまずつながる事はないです。そうだとすれば、お店で販売されている商品か、その商品から連想される単語を入れておくのが理想になります。

さらに気をつけたいのは、一時的にタグを入れておしまいではなく、定期的にタグの内容を変更することです。その中には、直接売り上げに繋がるものと繋がらないものがあるからです。売り上げに繋がる単語と思っていても、売り上げにつながらないような例も少なくありません。

 

インテリアの販売に関するお店を開いている場合には、インスタを使って宣伝をすると良いです。この時、「いいね」を押すことで売り上げにつながる可能性がありますが、自動で行った方がより効率的に売り上げに直結するでしょう。後は、ハッシュタグを使うことでお客さんの絞り込みをすることも可能になります。

イメージ
サービス名wataAme
(わたあめ)
GOEN
(ゴエン)
OMAKASE
(オマカセ)
insta-style
(インスタイル)
Insta-UP
(インスタップ)
自動アクション機能
フォロー
×
×
フォロー解除
×
×
×
いいね
×
×
コメント
×
×
×
ハッシュタグ付与
×
ストーリー閲覧
×
×
×

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧